2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

植物園

2016年11月12日 (土)

鳴子熱帯植物園(ORAGA鳴子の熱帯植物園) 閉園してました

6年前に行った鳴子熱帯植物園に久しぶりに行ってみました。

…が、Googleマップとおぼろげな記憶の指し示す場所に行ってみると、
DSC09192
噴水と更地が広がるばかり。
だいたいこの辺に入口があった感じでしょうか。
DSC09196
2010/11/6
IMG_2238
前回訪問後に東日本大震災などありましたからね…

2012年11月11日 (日)

11/10 秋保大滝植物園

昨日、一昨日と母が来仙してました。
紅葉が見たいというので秋保大滝に行き、そのついでに秋保大滝植物園を見てきました。
IMG_1459

展示は屋外の庭園とほぼ野生の植物のみなので、季節柄ほとんど終わっていました…。
仕方ないのでとりあえず高山植物のロックガーデンを。
IMG_1452

手前3つはいつも行ってた八甲田山でもおなじみでした。
IMG_1451

岩壁とか風上側に生えるイワヒゲ
IMG_1454

全体的に、ここ最近熱い夏が続いてる割には状態良いように思いました。

植物園内に限らず、周囲は紅葉が見頃でした。
すいれん池
IMG_1456

すだれ滝(名取川の自然の滝)
ここから先はこっちの管轄な気もしますがw
IMG_1442

推定樹齢100年というシロヤシオ(野生)
IMG_1447

珊瑚みたいな枝が素敵なウスノキ(多分野生)
ウスノキ

撮り忘れたけどイワカガミもあるようです。
展示をちゃんと見たいなら時期を選ぶ植物園ですが、園内の散策路は綺麗だし入場料も\200と安いので秋保大滝観光のついでに是非。

2012年3月25日 (日)

3月21日 京都府立植物園の温室にリベンジ(多肉植物ゾーンetc編)

ジャングルゾーンはこちら
熱帯果樹ゾーンはこちら

ジャングルゾーンにいる間に用事が入ってしまった上、前半2つの温室でゆっくりしすぎたため、後半は(比喩じゃなくて実際に)駆け足で通り抜けざるをえなくなりました。
ってことで今回も完全なるリベンジには至らず。また来なきゃいけませんね。

唯一目を通せたのはこれ。「奇想天外」というぶっ飛んだ名前です。
生涯2枚の葉しかつけず、この2枚が伸び続けていくという不思議な植物です。
IMG_0162

IMG_0163

こんなの育てるの絶対無理だろうなと思っていたら、帰りに立ち寄った西武池袋店屋上の鶴仙園で普通に売ってて驚きました。

3月21日 京都府立植物園の温室にリベンジ(熱帯果樹ゾーン編)

その1はこちら。

まずはバナナの花。
IMG_0150

果樹ではありませんがパキラと同じパンヤ科のカポック。葉の形も似ていますね。
IMG_0151

パパイヤはたくさんの実をつけていました。
IMG_0153

そして実もさることながら、こんなに太い幹は初めて見ました。
IMG_0152

スターフルーツ(ゴレンシ)も結実こそしていないものの大きく育っていました。うちのやつがこうなるのに後何年かかるやら…。
IMG_0157

フトモモの花。
うちでも育てていましたが、無理な剪定で枯らしてしまった事を思い出しました。
IMG_0160

これを食べると酸味が分からなくなるというミラクルフルーツ。
IMG_0158

マンゴーもよく咲いていました。
IMG_0161

幹生果のジャボチカバは僅かながら結実していました。
IMG_0156

次の記事に続きます。

2012年3月22日 (木)

3月21日 京都府立植物園の温室にリベンジ(ジャングルゾーン編)

2年前に行ってみたものの既に閉まっており見る事ができなかった京都府立植物園の温室に今度こそ行ってみることに。
入るといきなり熱帯ムード満点のつる植物の花がお出迎え。
湿気が極めて高いため、初めはレンズの曇りに悩まされました。RIMG0131
ツンベルギア マイソレンシス(キツネノマゴ科)

公式ブログで開花の情報があったアルピニア・マラッケンシス
IMG_0131

花茎が一本傾いて通路のすぐ近くに来ていました。
IMG_0130

熱帯性スイレンは派手ですね。
IMG_0132

ニッパヤシ
IMG_0136

タコノキ科とは思えない花(ほう)ですね。
IMG_0148

公式ブログで開花の情報があったツルアダンは終わってしまい残念な感じでした。
IMG_0146

奥まで来たとこで温室全体を見わたせました。
IMG_0139

ちょっと坂道を上るとジェードバイン(ヒスイカズラ)が。
IMG_0147

あと印象に残ったものといえば、結実しているアグラオネマや
IMG_0142

ありえない高さになったテーブルヤシ(画面中央のひょろいの)等、自分が育てていたり身の回りにある植物の本来(というか理想的条件下での)姿を見られたことですかね。
IMG_0143

熱帯果樹ゾーンに続きます。

2010年11月 7日 (日)

鳴子熱帯植物園に行ってきた

母が仙台に来たので鳴子峡の紅葉を見に行ったついでに鳴子熱帯植物園を見てきました。
Img_2238

最初の熱帯コーナーはこんな感じ
Img_2241

Img_2244

寒さに弱いツピダンサス(左下)なんかも元気です。
Img_2247

ビカクシダ
Img_2243

シークワーサーの実
Img_2246

Img_2248

ブラシの木
Img_2249
全体的に管理状況は良好そうでした。

サボテン温室。乾燥機の匂いが立ちこめてるのがまたイイw
それにしてもよく伸びてますねー。
Img_2254

金鯱
Img_2251

えーと・・・なんだっけ・・・?
Img_2253

温室出たところでは何故かアジサイの花が・・・。
Img_2256

それにしても、なんでこんな東北の山奥に熱帯植物園造ったんだ・・・と思ったら、こういう経緯があったとは。

(2016/11/10追記  2016年11月4日に再訪しましたが、既に閉園、施設撤去済でした。)

2010年4月 4日 (日)

京都府立植物園に行きましたが・・・

昨日までちょっと用事があって京都に行ってました。
4/2は午後時間が空いたので京都府立植物園に行ってきました。
入り口。入場料は\200と割安です。
Rimg0224

Rimg0225

桜が綺麗な時期ですがまずはお目当ての大温室に
Rimg0227

行ったんですが・・・
Rimg0229
時間ぐらい調べてから行きましょう。。。

仕方ないので屋外の植物を観察しましたが、まだ芽吹き始めたばかりなものが多く微妙でした。
とりあえず花の画像だけ。
Rimg0231

Rimg0232


シダレザクラ
Rimg0258

モウソウチクの変種、キッコウチクです。
Rimg0266

携帯で解説読めるのは便利といえば便利ですね。普通にその場で読めるようにしてほしい気もしますが。
Rimg0267


2010年2月14日 (日)

仙台市農業園芸センターに行ってきた(常設展示編 画像多数注意)

2年ぶりぐらいに仙台市農業園芸センターに行ってきました。
大温室の植物をアップしていきます。

まずは大温室を外側から・・・と思いきや撮るの忘れたっっっっっっ。
受付ではグリーンイグアナがお出迎えしてくれます。
R1013973

入場料は\400。受付からの通路を抜けるとそこは南国でしたと。
R1013979

ランの種類。(名前失念・・・)
R1013980

中央の広場から。
R1013988

こうやって見ると手前に植わってるクロトンが「サトウキビ」に見えちゃう気も。
R1013989

いかにも南国なタイワンバナナ。
R1013990

右がパキスタキス。
あのーキツネノゴマ科じゃなくてキツネノ「マゴ」科なんですがー。。。
R1013999

サポジラ
チューインガムの木といわれますがガムの元になるのは実ではなく樹液だそうです。(実も食べられるとのこと)
R1014002

ピンポンの木
R1014003

レイシの花
R1014004

この他、マンゴーなども開花してました。

ただちょっと残念だったのが、以前は天井まで到達して実がたくさんついており、木の下にこぼれ種からの実生がたくさんあったパキラがかなり切りつめられてしまっていたこと。バランス考えるとやむを得ないと思いますが・・・
R1014005

サボテン・多肉コーナーは温室の片隅にちょびっとあるぐらいです。
R1013981

チランジアもなかなか立派に育てられてます。
R1014030

多肉植物コーナーはなかなか種類がありました。
ネペンテス属。所謂ウツボカズラ
R1013992

サラセニア
R1013994

まさかの八重咲きムシトリスミレ
R1013996

その他 こういうの見るとここが「植物園」ではなく、「農業園芸センター」であることを実感できます。
R1014027

気温は20℃前後、CO2濃度は900ppm台で管理しているようです。
R1014026

最後は2階からの俯瞰で。
R1014012_2

R1014011

R1014010