2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

観葉植物

2014年12月27日 (土)

フィロデンドロン

上司から「観葉植物要らなくなったんだけど欲しい?」と言われて嬉々として貰ってきました。

12/17
寒天培地みたいなのに植わっていましたが、何故か根は上に伸びていました。
P1040496
P1040496 posted by (C)pachira_U1
カビが生えるから瓶は開けるなと書いてありましたが、そのままだと瓶内部の空気に含まれる二酸化炭素の分しか成長できないよな…と思い、年明けぐらいになったら普通の土に植え替えるつもりで蓋を開けた状態にしていました。
その結果、やはりカビが生えてきてしまうという何のひねりもない展開に。
P1040500
P1040500 posted by (C)pachira_U1
そんなわけで本日急遽植え替え。鉢はこれしかなかったんです…。
P1040501
P1040501 posted by (C)pachira_U1

2014年4月 2日 (水)

引っ越し(1年ぶり2度目)

どうも転勤族です。

今回新居に持っていくのはこれだけ(この状態のまま発送)。長く育てているものを優先しました。
ケヤキの枝が不安です。
新居送り
新居送り posted by (C)pachira_U1
ヒマラヤスギはここまで準備したもののボックスに入らず、引っ越し業者さんにお断りされてしまいました。
ヒマラヤスギ
ヒマラヤスギ posted by (C)pachira_U1

2014年3月23日 (日)

実家の実生パキラ近況

葉が部分的に枯れ込んでくるような痛み方が今冬は多いようです。
そして根本のかなり低い位置から側芽が出てきています。
ここにきて上部の枝葉を切り捨てて根元からの萌芽で再起を図ろうという作戦なのか?

 

2014年3月21日 (金)

トックリラン近況

アパートの壁外工事で暗い部屋の中に一ケ月入れた後、急に外に出した影響か、葉がかなり傷んでしまいました。


…と思いきや、秋口の早い時期から室内に入れてた方の個体は徒長が酷いものの比較的良好なので(↑の個体は年明けまで外に放置)、日照不足というよりはそれ以前の葉のダメージの蓄積だったのかもしれません。

続きを読む "トックリラン近況" »

2013年8月18日 (日)

ホヤ・カルノーサの花

昨年から開花するようになったものの帰省のタイミングと合わずなかなか花を見られなかったホヤ・カルノーサ(サクララン ガガイモ科)ですが、お盆の帰省で満開の姿を見られました。

8月16日
DSCN1912
金曜に買ったミラーレス一眼でも撮ってみました。
ピント合ってる位置が中途半端ですが…
DSC00011
望遠レンズのお試し中。
DSC00013
独特の質感と透明感が素敵な花ですね。
蔓と葉も入れて。あいにく近所の風景丸写りの写真しか全体図が無いのでUPはできませんが、一鉢全体で5~6房は開花していました。
DSC00017
カイガラムシに随分悩まされましたし、最初のうちはちょっと伸びてもすぐ先枯れしてしまいどう育てていいか分からない子でしたが、諦めずに面倒見てきて良かったです。
私が独り暮らし始めて以降、長らく世話してくれていた母に感謝です。

2013年5月12日 (日)

植え替えの休日in新居

今回の最大の目的はテーブルヤシの植え替え。

5号→7号鉢にお引越し。
ついでにアイビーの挿し木苗も寄せ植えにしてしまいました。

Img_2653

テーブルヤシが入っていた鉢にはスギの実生を植えました。

Img_2656

アイビーの挿し木苗が植わっていた鉢に、小さい方のトックリランを植えました。
腐葉土を切らしていたので配合済みの「家庭菜園の土」的な腐植質の多い配合済み用土に赤玉とパーミキュライトを混ぜて通気性を確保していましたが、トックリランを植えたところで家庭菜園の土が底をつき、表層は赤玉とパーミキュライトのみです。

Img_2657

ごめんよトックリラン…

2013年1月20日 (日)

実家の観葉勢ピンチ!?

先日久々に実家に帰りました(日帰り予定のはずが新幹線の終電逃しちゃって急遽…)

で、実家の植物の様子を確認したのですが、、、
RIMG1264
…想像以上の被害状況でした。
コーヒーの木はここに写ってないのも含め全滅かもしれません。。。

実生パキラもただちに・・・という状態ではありませんでしたが、葉を全部落としてしまったことって今まで10年間無かったような。
RIMG1263
母曰く11月中の強風と寒さで痛みだし、慌てて取り込んだらこうなったとのことです。
観葉植物は寒くなってから室内に取り込むと容態が急変することがあるのが怖いですね。出しっぱなしだと出しっぱなしで危ないし…(今のところカスタノスペルマムは生きてました)

出窓にあったアロエ・ディコトマはまあいつも通り。
RIMG1265
他の多肉植物にも被害無かったみたいです。春に帰った時に植え替えが必要になりそうですが。

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

今年も不定期更新になると思いますが、よろしくお願いします。

Img_1586

自分はガジュマルだと思っている?トックリランの小さい方。意外と元気です。

2012年11月30日 (金)

11月28日 トックリランの葉に異変

先月末から屋内で育ててるトックリランですが、最近葉の部分に変なくびれと異常組織が出来るようになってしまいました。
画像中の赤い矢印の部分がそれです。酷くなるとこの部分から葉が折れてしまうようです。

Srimg2455

先日思いっきり乾燥させてしまった時の後遺症…?
いずれにせよ長引かなければいいのですが。

2012年11月 1日 (木)

8.28-9.4 オーストリア旅行中に見た植物 その3 日本と変わらない植物達

ギボウシ シーボルトが日本から持ち込んだものだそうです。
Srimg1370

St.Wolfgang(サウンドオブミュージックの教会があるとこ)にて。

シュロ
Srimg1389
ザルツブルグにて

アオキ
Srimg1454

ウィーンにて

あと日本の植物ではないんですが、青年の樹(ユッカ)がここにもあったのは意外でした。
Srimg1372
St.Wolfgangにて
シュロや青年の樹はここら辺だと暖冬じゃないと冬越せないだろうし大きくなってくると大変だろうなと…