2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ハーブ

2014年8月24日 (日)

劇的

before
DSC04723
DSC04723 posted by (C)pachira_U1
DSC04733
DSC04733 posted by (C)pachira_U1

after

DSC04737

DSC04737 posted by (C)pachira_U1

DSC04738
DSC04738 posted by (C)pachira_U1

オリヅルランとコモチカイソウが増えすぎているので、心を鬼にしなければベランダが荒れ果ててしまいそうです。

2013年4月12日 (金)

モヤシ状態になってしまったワイルドストロベリー

引っ越しの際、入居日が遅めだったので2週間以上荷物を預かってもらっていました。

その間植物も段ボールに入れて預けてたのですが、その間に草本類は暗闇の中伸びてしまっていたようです。
特に残念な事になってたのがワイルドストロベリー。
6日に荷物開けた時点ではこんな感じ。

Img_2451

Img_2452

3日でここまでちゃんとしましたが。(10日未明撮影)

Img_2457

この他
多肉…徒長はほとんど無し
ヒマラヤスギ…微妙にいつもより早く芽が出てる気がするも大きな影響なし
スギ…仕舞った時は真っ赤だったのが緑に
ケヤキ…変化なし(冬芽のまま)
といった状態でした。

続きを読む "モヤシ状態になってしまったワイルドストロベリー" »

2012年8月26日 (日)

パセリ、バジル、モロヘイヤetc近況

最近は出張が多くて枯らさないようにすることで精一杯です…

花が咲いていたパセリは無事結実しました。一部は年内に蒔いてみようと思います。Img_1073

 

バジルとモロヘイヤはプランターが小さすぎたのか、イマイチな成長です。
つーかどっちも葉が黄変気味だけど何が足りないんだろう。液肥はちょいちょいあげてるからN,P,K辺りは間に合ってるはずだけど…
Img_1075_2

 

水耕栽培中の謎のシソ科植物は絶好調w
Img_1076_2

多肉植物についてはまた後ほど。

 

2012年6月24日 (日)

バジル、ワイルドストロベリー近況

6月18日
バジルの鉢の一つをモロヘイヤ共々プランターに植え替えました。
半分ぐらいは間引くことになりそうですが。

Img_0811

窮屈な思いをさせていたワイルドストロベリー(こちらの最後の写真の左上2つ)も植え替え。
バジルの実生を植えてた鉢に2株(6/19実施)

Img_0823

もう1株は6/22に植え替え。

Img_0833

備忘録にすらならない極度に内容の薄い記事になってしまいましたw

2012年6月11日 (月)

6月9日 2代目パセリ、バジル・モロヘイヤ苗

今年も順調に…花が咲きそうですw
Img_0775

 

冬場にちょびちょび収穫しすぎたせいか、春以降は花芽を伸ばすのに精一杯だったようであまり葉をつけてくれませんでした。何のために育ててるんだかw
初代の時は種の回収が8月下旬になってしまったので翌年の種まきになってしまいましたが、今年は一部を年内に蒔いて継続的な収穫を目指したいと思います。

バジルはこんな感じ。右の方が蒔いた時期が早いものですが、2番目の鉢の芽の成長の方が追いついてしまいそうです。
もしかしてこの段階だと多少日陰の方がいいのか?
Img_0777

 

モロヘイヤもようやく本葉が出てきました。そろそろ食べても平気ですかね。Img_0776

 


2012年4月 9日 (月)

ダウナー系?

去年から育ててるミントっぽい匂いがしなくもない正体不明のシソ科植物ですが、この時期になっても出てくる気配が無いので諦めて余った水菜の種を適当に蒔いてたのですが、ふと鉢を動かしてみると、なんと下から芽が出ていました。

Img_0343

底を覗いてみると地下茎がびっしり。根性は認めるが普通に上から出たら?と。
この先どうしようかな…

2012年1月31日 (火)

ワイルドストロベリー 室内避難VS野外放置

ワイルドストロベリーは完全に野ざらしでも枯れはしないものの葉が完全に真っ赤になってダメになります。(一応枯れてはいないんだけど春になってもその葉は回復せず新しい葉に置き換わる)
まだ葉数の少ない小さいやつは耐えられるか不安なので室内に入れました。
というわけで現在の屋外組と室内組の状態を比較してみます。
まずは屋外に出していた古株から。
1月22日時点では残った葉は辛うじて緑色を維持していましたがImg_6110

 

ここ数日の寒さでさらなるダメージを受けてしまったようです。
本日撮影。
Img_6115

 

1株だけ屋外放置な昨年生まれのやつはこんな感じ。去年のうちにある程度大きくなれてたのもあって最悪枯れることは無さそうです。
本日撮影
Img_6116_3

 

一方の温室育ち組はというと(つーても大体一桁ですが)、青々としているものの成長はせず。春の出だしがちょっと早くなるかなって程度でしょうか。よし、来春は安心して屋外へ!
22日撮影
Img_6107

 

2011年9月19日 (月)

ハーブ近況

今年はローズマリーがやたらよく咲いています。
Img_5116
種つけてくれないかなー。おそらく自家受粉で生まれた株だから1株でもいけるはずだし。(※当時うちにあった立性と枝垂れ型のハーフの可能性もなきにしも)

ワイルドストロベリー、実生が密集してたので一部植え替えたんですが、全株とも活着したようで何よりです。
Img_5117

Img_5119

親株の方はまあいつも通りなんですが、せっかくついた花芽が乾燥で枯れちゃったようです…。

パセリもかなり酷使してる割には頑張ってくれてます。
Img_5121

Img_5124

そして元々野菜植えてたプランター。
Img_5120
・アサツキ(野菜として買った余りを適当に埋めといた)
・アルファルファ(種が余ってたから適当に)
・タイム(植え替え場所に困った)
・ワイルドストロベリー(同上)
・スギ(近所の木から種が飛んでくるらしくて時々芽が出てるんですが今回初めて子葉段階より先へ)

という投げやり感溢れる組み合わせですw

2011年9月 2日 (金)

(9/1)ミントっぽい何か&ローズマリー開花ほか

2lのペットボトルを切って作った鉢に適当に挿しておいたミント(っぽい匂いがかすかにするシソ科の植物)、度重なる日干しの危機を乗り越えてついに開花しました!
Simg_5062

一方のスペアミントは何度か干上がるわうどん粉病にやられるわでこんな惨状です・・・。
Img_5061
学校の方に持ってった分株の方は元気だし、こっちは全部ミントティーにしちゃうか余った種大量にぶち込んで植生遷移ごっこして遊ぶかしちゃおっかなーとか企んでるのは内緒。

相変わらず元気のないローズマリーも花だけはきっちり咲かせてくれます。
Img_5060

ワイルドストロベリーは5月ぐらいからずっと花つけてません。勢いも衰えてきたように思います。そろそろ寿命でしょうか…
Img_5066

タイムも日照不足でアブラムシ?に集られてヘタってます。
Img_5067_2

 

2011年6月24日 (金)

うどんこ病?

数日間家を空けてる間にスペアミントがこんな状態になっていました・・・

IMG_4533
うどんこ病って高温乾燥時に起きやすいっていうけど、いつも高温多湿なこの時期に出るんですよね。