2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年9月

2015年9月20日 (日)

ご臨終

3月末に植え替えたヒマラヤスギ、芽が吹いてこないと思ったら6月から葉色が悪くなり始め、8月頃には全ての葉が落ちてしまいました。

そして現在はこんな感じ。既に末端の枝や芽は全て死んでおり、回復不可能な状況のようです。
DSC01242
DSC01242 posted by (C)pachira_U1
元気だった頃に撮った最後の写真はこちら(5月20日撮影)
DSC08000
DSC08000 posted by (C)pachira_U1
植え替えの際、根詰まりを起こしているようだったので根をかなり整理したのが裏目に出てしまったようです(3月22日撮影)。
この時点で膨らんでいた芽も伸びる事はありませんでした。
伸びすぎた根を整理するのは植え替えを行う意義の一つですが、やりすぎれば当然こうなってしまうので、今後生きている根を切る際は葉、茎とのバランスを考え、細心の注意を払いたいと思います。
同じぐらい切り詰めたスギとケヤキは健在なので、樹種にもよるんでしょうが…。

2015年9月11日 (金)

サボテン実生近況

実生サボ、2鉢あるので片方は日陰で安全第一、もう片方は葉焼けギリギリを攻めていくスタイルで育てていました。

で、その結果がこちら(透明な鉢で育ててる方は安全第一組)。

カーテン越しに日差しが入る位置においていたもののカーテンが風でずれてしまい、西日バリバリになっていたようです。
その後いったん緑に戻りましたが、試しにベランダに簡易温室(ロードバイクのスタンドにビニール被せただけw)を造って1週間置いておいたところ、さらに真っ赤になってしまいました(画面左下)。
DSC00871
DSC00871 posted by (C)pachira_U1

結局2鉢とも窓枠直下の直射日光がほぼ入らない明るい場所に置くことにしたところ、葉焼けはほぼ回復しています。

P1050517
P1050517 posted by (C)pachira_U1

こうして並べてみると、葉焼けギリギリ(アウト)で育てたものの方が色は悪いものの大きく育っているようです。
ただこれ、本当に地久丸?と。どうみても球サボテンには見えないのですが…。

« 2015年8月 | トップページ | 2016年2月 »